よくある質問と回答(FAQ集)■裏側矯正STbネット

見えない裏側矯正がより快適になりました。
最も審美的な歯列矯正の治療法は裏側矯正です。

現在地 :
>
よくある質問と回答(FAQ集)
見えないだけでなく今までの不快な制約を解消した違和感の少ない裏側矯正治療法
Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加

よくある質問と回答(FAQ集)

「STb裏側ストレートワイヤーシステム」とはどんな矯正歯科法ですか?
従来の裏側矯正で用いられる装置では違和感が強く、しゃべりづらかったり、食事がしにくかったり、歯磨きがしづらかったり・・・、と多くの問題を抱えていました。
これらの問題点を解決するために「快適で、速く、確実な治療システム」をコンセプトに開発されたのが裏側矯正(舌側矯正)法「STb裏側ストレートワイヤーシステム」なのです。
この矯正治療法で用いられるブラケット(矯正装置)の形態が従来のものよりもはるかに小さく、薄く、丸みを帯びているのが特徴です。 そのため舌の違和感が大幅に減少し、会話や食事も楽にできるようになり、歯磨きも断然しやすくなりました。 さらにごく弱い力で無理なく歯を動かすために治療中の痛みも少なくなりました。
また歯が速く、確実に動く機能も備えているため矯正歯科治療期間も短縮されました。 このように「STb裏側ストレートワイヤーシステム」は審美性だけでなく、患者さんの多くの要求を満たすことのできる矯正法といえるでしょう。
裏側矯正による歯並びの治療とは?
矯正装置を歯の裏側につけて行なう治療法です。そのため矯正装置が外から全く見えないことが最大の利点です。 矯正装置が外から見えるのが気になる方、人に気づかれず歯並びを治したい方、職業的に表側に装置のつけられない方などにとって裏側矯正による歯並びの治療は最適です。
裏側矯正STbによる歯並び治療にはどれくらいの期間がかかるのですか?
矯正治療期間は、だいたい2年前後とお考えください。ただし、 患者様の個々の状態や治療方針(例えば歯を抜く場合と抜かない場合など)によりそれぞれ異なりますので、くわしくは矯正治療前に各歯科医院にてよく相談してから始めましょう。
どれくらいの間隔で通院するのですか?
その時の歯並びや咬み合わせの状態にもよりますが、歯の裏側にブラケットと呼ばれる矯正装置が付いてからは概ね1ヶ月に一回の通院となります。 来院時には装着されているワイヤーの交換や調整などを行います。
裏側矯正STbによる歯並び治療に痛みはありますか?
矯正治療中の痛みには、歯の裏側に装着した装置が舌や歯茎その他の粘膜に当たることによる痛みと、歯が動くことによる痛みの2種類があります。 しかし、STb裏側ストレートワイヤーシステムは、従来の裏側矯正で使用されていた矯正装置に比べて大きさや厚さが改良され、限界まで小さくしたために口の中での違和感や、痛みが大幅に緩和されました。
またごく弱い力で無理なく歯を動かすため、歯の痛みをほとんど感じることなく快適な生活をおくることができます。
裏側矯正STbによる歯並び治療中に歯みがきはできるのですか?
従来の裏側矯正装置では形態が複雑で大きかったために歯磨きがしづらく、食べ物がひっかかったり、磨き残しも多かったのですが、 シンプルで小さな形態に改良された新しい裏側矯正装置STbでは違和感が少なくなっただけでなく歯磨きもしやすく、そのような心配がなくなりました。詳 しい磨き方については各歯科医院で教えてもらうことができます。
歯の裏側に装着した装置の違和感で話しづらいことはありますか?
最初に矯正装置をつけたときは多少の違和感は感じるでしょう。しかし個人差はありますが、裏側矯正STbであればすぐに慣れてしまいます。ほぼ 全ての方から話しやすく、普段どおりの日常会話を楽しむことができるという意見を伺っています。
難しいケースでも治りますか?
通常の矯正治療が可能な方であれば、STb裏側ストレートワイヤーシステムで矯正治療を行なうことは可能です。ただし、裏側矯正(舌側矯正)治療の場合、高度な技術を要するため、術者によって治療結果の差は出るかもしれません。
Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加