Dr.フィリオンの研究結果(違和感や話しづらさの解消)■裏側矯正STbネット

見えない裏側矯正がより快適になりました。
最も審美的な歯列矯正の治療法は裏側矯正です。

現在地 :
>
>
Dr.フィリオンの研究結果(違和感や話しづらさの解消)
見えないだけでなく今までの不快な制約を解消した違和感の少ない裏側矯正治療法
Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加

裏側矯正STbの快適性

裏側矯正STb (Scuzzo.Takemoto.bracket) は、light force(弱い力)、Low Friction(少ない摩擦)、そして、小さく薄いその装置の大きさから、従来の裏側矯正装置(kurz)と比較して「違和感」や「話しづらさ」が大きく改善されました。

裏側矯正治療をヨーロッパから世界に広め、現在も第一人者として活躍中のフランスの矯正歯科医Drフィリオンの研究資料を以下に示します。
調査の対象は、従来の裏側矯正装置(kurz)を装着し、装着後3ヶ月以内の患者 および 裏側矯正装置(STb)を装着し、装着後1ヶ月以内の患者を対象にして集計を行ったものです。

結論を端的に説明いたしますと、STbブラケットは従来の裏側矯正装置と比較して、矯正歯科治療開始後、
「短期間で違和感や話しづらさが解消される」ということになります。

違和感の解消

STb装置と従来の装置との違和感解消期間の比較

この研究資料によると、例えば、STbブラケットを装着した人が装着から2週間経過した段階で「違和感が解消された」と答えた人が全体の81%を占めるのに対して、従来の裏側矯正装置(kurz)では、僅か38%しか解消されませんでした。
また、STbでは装着後3週間で全員が「違和感が無くなった」と答えているのに対して、従来の裏側矯正装置(kurz)ではまだ36%の人が違和感を感じています。

話しづらさの解消

従来の裏側矯正装置(kurz)とSTb装置について話しずらさが残っている人の割合

この研究資料は、次のことを示しています。

STb裏側ストレートワイヤーシステム

装着から1週間以内に、ほぼ全員の話しづらさが無くなる

従来の裏側矯正装置(kurz)

装着から3ヶ月が経過しても約5人に1人の割合で話しづらさが残り、ほぼ全員が解消出来るまでは約1年を要する。

また、次のような アンケート調査資料もあります。(%はYesと答えた割合)

「あなたの仕事(proffecional activities)に対して、何らかの影響を与えますか?」

従来装置(Kurz)装着3ヶ月後

STb装置装着1ヶ月後

12%

0%

「あなたの社会活動(social activities)に対して、何らかの影響を与えますか?」

従来装置(Kurz)装着3ヶ月後

STb装置装着1ヶ月後

6%

0%

Googleブックマークへ追加Yahoo!ブックマークに追加はてなブックマークに追加Buzzurlブックマークへ追加